趣味で習っているフラワーアレンジメントの記録として。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

お正月のアレンジ
お正月のアレンジ

今回のフラワーアレンジメントは、”お正月のアレンジ”です。

<花材>
・ウンリュウヤナギ・キク・コアニー・ブルーレース・スイートピー
・ゴシキナンテン・ワカマツ・水引・はね




クリスマス風相互に入りまじって
クリスマス風相互に入りまじって

今回のフラワーアレンジは、”クリスマス風相互に入りまじって”です。
矢印ダスティーミラーのクーゲル(球)を中に入れた、
  交差感を生かしたアレンジメント。

<作り方>
・茎のラインを生かし全体をまとめる

<花材>
・アズキヤナギ・オニソガラム・マリンブルー・カラマツカサ
・ゲイラックス・ミスカンサス・サンキライ(シルバー)
・ダスティーミラー




秋のオブジェデザイン
秋のオブジェデザイン
これまた写真がよろしくないですね〜

今回のフラワーアレンジメントは、”秋のオブジェデザイン”です。

<作り方>
ちょっと忘れてしまいましたたらーっ
たしか、サンゴミズキとトクサをまっすぐ挿して
ベアグラスとファイバーを中心よりちょっと上にいれて
お花を入れていったような。。。そんな感じです。

<花材>
・サンゴミズキ・トクサ・ベアグラス・バラ・SPカーネーション
・デルフィニウム・ピンポンマム・サンキライドライつる・ファイバー




ホリゾンタル
ホリゾンタル

ホリゾンタル

今回のフラワーアレンジメントは、”ホリゾンタル”です。

<作り方>
水平形・オールラウンド360度展開
高さの基準は15〜20僂鯡椣臓粉鐔く)

<花材>
・ドラセナ・スプレーギク・シルバーキャット・バラ・レザーファン




静止と動き
静止と動き

今回のフラワーアレンジメントは、”静止と動き”です。

植物素材の静的な姿と動的な姿の対比を表現する。

<作り方>
・静的なものと動的なものを明確に対比させる
・中に入れる植物素材は控えめに
 → 一番上と下に花は入れない、密度の強弱をつける、
   1つの枝に1つの花
・適度な空間と段付けによって構成する。
☆トクサをまっすぐ見える様にさす事がとっても大事!
☆曲がっている花材は一度手でまっすぐにしてから挿す
 下の方が曲がっていても上がまっすぐなら良い

人工的・非対称・並行・複数焦点

<花材>
・シルバーキャット・トルコギキョウ・スカビオサ・パールブルー
・アカヅル・フトイ




高く挿された
高く挿された
写真がいつも以上によろしくないのですが。。。
花も枯れ始め。。。


「植物素材を高く挿して、重点を高い位置に表現する構成」
☆茎の長い、結ばれた花束をイメージするぴかぴか

<作り方>
1.高く伸び上がる茎を見せるように下葉を整理する
2.挿し口を中央部に束ねたように造形する
  ・必要以上にギチギチに入れてきれいに見えないのはダメ
  ・茎の並べ方は縦長にするとそろって見える
  ・まっすぐな太い茎を外側に使うとよい
  ・バラけた感じの時は枝をすき間に入れるとよい
3.植物素材の持つ特性を生かして造形する
  ・茎がねじれた感じでもよい
4.作品の下部は静的に構成する

<花材>
・ケイトウ・ルリ玉アザミ・オニソガラム・スプレーマム
・スカビオサ・クレマチス・リューカデンドロン・パニカム




自然的
自然的

今回のフラワーアレンジメントは、”自然的”です。
矢印自然なものと自然でないものの組み合わせの作品
 (花材は自然でないものもあるけど、自然っぽく作る)

<作り方>
・花の挿し方→交差(でも交差感を強くしない)
・輪郭はまるくしない
・階段状にしない(後ろに長い花、手前に短い花というように)
・自然なアップダウンをつける
・大きく分けると左右2つのブロックに分かれるが
 左右でボリュームに強弱をつける

・今回の花材の場合、アザミのような茎の太いものは
 目立たないように入れる。



続きを読む >>
モダン装飾的花嫁の花束
モダン装飾的花嫁の花束

今回のフラワーアレンジメントは、”モダン装飾的花嫁の花束”です。

3級検定で作ったブーケ(装飾的花嫁の花束)の花束バージョンです。

<作り方>
・横から見たら三角、真上から見たらまる になるように。
・花のアップダウンをつけ奥行きをつける。
・最後のラフィアは、ほどよくきつく縛る。

花束って思った場所に花をいれるのが難しいです。
束ねていくうちに変になっていくの。



続きを読む >>
成長的なグループ分け
成長的なグループ分け

今回のフラワーアレンジメントは、”成長的なグループ分け”です。

☆植物素材の生長感を生かして、グループ分けによって
 自然な感じを表現する。
☆生長のリズムを生かし、段付けによって生長感を表現する。

<作り方>
幅:高さ=8:5〜5:8
量的比率=8:5:3

花材選び
・生長感の感じられる植物素材
・中程度〜わずかな主張

<花材>
・マルバルスカス・スカビオサ・サマースイートピー
・アルケミラモリス・ドウダンツツジ(下の方に入ってる)




巻かれたもの
巻かれたもの

今回のフラワーアレンジメントは、”巻かれたもの”です。
詳細は、続きへ。。。


続きを読む >>